室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
けんちんうどん
0
    ひさしぶりに、自らが食べたいと思い、
    忙しい中、料理をしてみた。
    けんちんうどんが妙に食べたくなって、
    つくってみた。
    お味のほうは、うまかった。
    家族も喜んで食べてくれた。

    材料
    豆腐一丁
    人参一本の半分
    ごぼう一本
    豚こま肉300g
    サトイモ小7個
    蒟蒻300g
    味噌お玉で1.5杯
    水1.5ℓ

    人参とごぼうはそぎ落としで切っていく。
    あとは丁寧に切り刻む。

    豆腐とサトイモは、
    ※他の具材が柔らかく煮えてから入れる。
    最後に味噌で味付けをし、
    サトイモの芯が若干残ったところで、
    いったん火を止める。
    待つこと5分。
    あとはお好みのうどんで、
    召し上がれ!。

    こんな夕食でした。


    展示会情報はこちらから
    | 食べる・・・!(自前料理) | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    アサリご飯
    0
      実は、モツ煮込み以外にも夕べ作ったものがある。
      正確に言うと今朝方出来た。

      アサリご飯!。


      あまり手のこんだものは時間がなくて無理なので、

      簡単に。。。。。



      材料は。

      アサリ 200グラムほど、
      米   7合
      バター 大さじ3(好みでいくらでも) 
      塩   大さじ3(好みでいくらでも)
      水   米7合分でOK!
          (アサリの水分が出ることを計算に入れる)
      牛乳  XXXXX

      「ギャラリー路」さんのメニューとは違う味ですが、

      私なりは、こんな感じです。

      まず、
      アサリを牛乳に浸して半日ほど放置しておきます。
      なので、牛乳は使えるだけと言う意味で、
      XXXXXなのです。
      なぜ、アサリを牛乳に?と思う方の為に、
      アサリの生臭さを取る為です。
      牛乳のたんぱく質がアサリの臭みを包んでくれる
      効果があるからです。

      そして、半日して、
      炊飯釜に研いでおいた米に、
      アサリを綺麗に水洗いしてから入れます。
      そこに先ほどのバターと塩と水を張って、
      炊き込みます。

      できあがり、茶碗に盛ったら、
      好みにより「青海苔」または「パセリ」など、
      お好みのトッピングをのせ、できあがりです。!

      昨日の予定としては、
      本当は、「モツ煮込みとアサリご飯定食」
      ができるわけだったのだ悲しい

      ところで・・・・・
      今朝食べたお味は「まーまーかなふぅ〜ん。」
       
      ちなみに、モツですが、焦げた臭みも取れて、
      おあとよければ、すべてよしって、とこかなバッド
      | 食べる・・・!(自前料理) | 11:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      おからのコロッケ!
      0
        先日、ふなぶくさんへ行った時に
        いただいた「おから」をコロッケにしてみた。

        悪戦苦闘しながらしあげたが、
        ん・・・、
        初めに作ったものの見た目がわるかったせいか、
        胸がイッパイイッパイになってしまった。

        最終的に形良くできたので、終わり良ければ、
        グーと言うことで!。

        最初に何がいけなかったのか、
        繋ぎに水を使ったこと!。
        その後、やはり「たまご」に!と言うことに!。
        これで解決!。

        今回のレシピ
        材料

        おから 約400グラム
        ひき肉 約150グラム
        たまねぎ 中1個
        ゴマ油 大さじ5杯
        塩コショウ お好みの量
        溶き卵 好きなだけ(たりなくなったら補充)
        パン粉 
        サラダ油

        最初にたまねぎをみじん切りにハッシュし、
        それをボールに移しておく。

        次におからをそのボールにあける。

        ひき肉をよく炒めてから、たまねぎとおからの
        入ったボールに入れかき混ぜる。

        次に、ゴマ油を入れ混ぜる。

        塩コショウをふりかけ、さらに混ぜる。

        少し粘り気がでたら、コロッケの形にかたどり、
        溶きたまごの「海」へダイブさせる!。
        そして、引き上げてから、
        パン粉のバスローブで優しく包み込み、
        予め熱しておいたサラダ油の熱湯地獄へと
        突き落とす!。
        こんがりキツネ色に揚がったら、
        できあがり!。
        悲鳴が聴こえてきそうだね。


        こんな感じ。
        肝心のお味はと言うと、
        「作るだけで、もう沢山!」
        | 食べる・・・!(自前料理) | 09:35 | comments(4) | - | ↑PAGE TOP