室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 野外撮影・・・H22.6.22(火) | main | 那須町シニアカレッジ交流会・・・その1 >>
6月26日(土)のタウンミーティング
0
    次の日の下野新聞にも掲載されましたが、

    内容は、

    大田原中心市街地活性化事業の一事業である

    「13階建ビル」についての話し合いです。

    規模縮小にしての変更を進めていると

    言うことを市長から聞けましたが、

    今後の動きはどうなるかは、

    はっきりしていないこともあり、

    ここでの発表はひかえます。

    問題は建設後のランニングコストの

    問題がありますが、

    それ以前に市民はこのビル建設に関して、

    知っている方が少なかったと言うこと。

    これは一つ問題である。

    市民との契約金を

    どう行政側は考えているのか、

    疑問を感じるのである。

    そもそもこの計画は、

    20年も30年も昔に作成されたと言う点が、

    非常に問題である。

    物がなかった時代に作られた案を、

    今執行しようとしていることが、

    ナンセンスであり、

    これと言って欲しいものがなくなった

    今の時代にこれを執行することが、

    そぐわないのである。

    作成当時でも意外に、

    疑わしい気もするし、

    かなり荒唐無稽に見える案件である。

    ビルの中に、

    公共的スペースと、

    医療モールなど、

    ?と思う予定案件が詰め込まれている。

    さて、

    変更案で進めることになるのはいいが、

    主体である県でどうなるかは、

    これこそ?である。

    | NPO関連 〜町と人々〜 | 22:33 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    コメント
    はじめまして。
    地方の既存商業を見直そうと「まちおこし」を志して頂くのは結構ですが、あなたは今までどのような実績があって大田原のまちづくりに関わっているのでしょうか?

    プロフィールを見ると那須塩原市民の方のようですが、塩原・西那須野・黒磯の中心市街地も酷い状況でよね。まずは自分の足元で活動して実績を作ってみてはいかがでしょうか?
    もちろん実績があって関わっているのですよね?あなたが今まで関わってきて、活性化に成功した地方都市を教えて下さい。

    それと、医療モールがなぜ「?」なのでしょうか?日赤は移転します。斉藤内科、大野医院は先生が亡くなって閉鎖しました。
    市街地の医療機関がどのくらいあって、その医療機関の跡継ぎがどれのくらいるのか分かっていて「?」とおっしゃているんでしょうか?市街地に住むお年寄りや子供が歩いて通院出来るのは、とても安心出来ると思うのですが!?あなたの経験&考えでは、これから市街地に医療機関が出来るんですね!

    2、30年前に13階ビルの計画はなかったと思いますが…。道路を広げるという話は聞いたことがあります。
    また、那須塩原市民は公共工事のことをどれほど知っているのですか?ぜひとも教えて頂きたい!あなたのお膝元と大田原でどのくらい差があるのかを!

    那須塩原市民から大田原市民へご教授ください。
    | 大田原市民 | 2010/07/03 12:33 AM |
    大田原市民さんはじめまして。

    返信遅れて申し訳ございません。
    さて、いろいろなご指摘お叱りありがとうございます。

    まず実績と言うものはどう言うものかは当方には、
    どんなものが実績かは今の段階ではわかりかねます。

    私は生まれも育ちも現那須塩原市内に端を発します。
    大田原でと言う話に関しては、
    多分、上空から地上を見ると行政ラインは、
    地べたには書いていないのではと思いと、
    私を育ててくれた方々のいる大田原へ、
    何かできることはないかと参加させていただいております。
    買い物もけっこうさせていただいておりますし。
    その中から企業は法人住民税を自治体へお支払いし、
    たばこ一つ買ってもその当自治体で購入すれば、
    それはその自治体へと運ばれていきます。
    私はそこにただ戸籍や住民票がないだけの者です。
    ちなみに那須町でも活動させていただいております。
    どうしても私の何かがお知りになりたければ、
    那須町内にでも行って、
    お調べください。
    イベントや広告関係でしたら、
    那須町内で行われている、
    メディアでもとりあげられる行事の中でも、
    それは使っていただいております。
    これ以上述べると余計に嫌な奴になってしまうかもしれないので、
    この辺で。
    地元では今の段階では私の出る幕はありません。
    何度か相談はされましたが、
    いざとなると足並みが揃わない場面もあり、
    それはどこでも同じですが、
    まずは好き嫌いの議論がどこも多すぎるきらいがあります。

    現在の塩原・西那須野・黒磯の
    中心市街地も何か元気がないように見えます。
    数十年前から比較しこれは確かなことです。
    私はあまり中心存在になることを嫌うほうで、
    今回も大田原市内ではサポート役に徹しております。
    しかし、今回は「活性化」と言うもののなかでの話ではなく、
    あくまで「活性化」と言われている事業について、
    どうなのか、それを様々な角度から見ることに、
    参加させていただいております。
    そもそも少子高齢化を迎えたわが国に、
    「活性化」と言う言葉は、
    私個人の意見としては、
    使っていい言葉かどうか悩みあぐねいてしまいます。

    それと、医療モールの件ですが、宇都宮市の国立病院でも、
    躍起になり進めていたものです。
    しかし上手く進捗しなかった経緯があり、
    今の段階で大田原市のこの13階建ビル計画の中に、
    何軒の病院が入居に手を挙げてくれたのか、
    それすらわからない状況です。
    ただ冷たい言い方かもしれませんが、
    入居してくれるお医者さんが、あったとして、
    経営収支度外視してくれる先生がどれくらいおられるか、
    そこもまた考えねばいけませんよね。
    これは私たちが云々よりも、
    その先生方が決めることです。
    そこに入居してくれるなら、
    それは私も人として留まってほしくは思います。
    それならば、行政の補助を補填すればいいのではないか?
    そう思う方もおられると思います。
    しかし、それをやることにより、
    市民の税負担が大きくなる可能性もあり、
    もし国保負担増と言うことになれば、
    それでなくとも年金をいただいているような、
    ご年配の方にもしわ寄せが行けば、
    どうなるか・・・。
    云わばねじれが生じると言うことをはらんでいます。
    私は常々、国保が無料になればと思いますよ。
    それと今の臨床医研修制度と言う、
    更なる医療の研修を受けるために、
    医師がどこの大学病院などででも研修を受けられる制度の、
    改正がなければ地方の医師不足は解決できないでしょう。
    ただ子供が少なくなっていくこの国では、
    この法改正を行ってもどうなるのかは、
    皆目見当がつきません。

    そして大田原の中心市街地活性化事業計画の
    当初案が20〜30年前に作成されたものらしいので、
    ビルのほうは確かにわかりません。
    ただ何度も変更を重ねてきたことだけは、
    確認させていただきました。

    さて私共の自治体では規模は相違しますが、
    西那須野とりせん跡地に、
    アクアスエイトと言う商業施設を建設しました。
    国と県の補助と、市の予算、
    これには合併特例債も投入され、
    約14億円の規模で建設されました。
    しかし、
    国、自治体が関わるのはここまでです。
    その後は西大和開発・・・
    民間三企業で運営されます。
    市では出先機関は設けませんでした。
    工事完了後は補助金など、
    民間で言えば債務保証などは一切行わない方針です。
    市の持ち物と言えば、
    市営駐車場程度。
    何が言えるかと言えば、
    今後は建物や土地の固定資産税、
    商業施設ですから、
    法人住民税もあがってきます。
    14億円の投入も、
    年月はかかりますが、
    年によっては減益もあることでしょうが、
    このように投入の「回収」としての柱があります。

    大田原の今回の件は、
    市営住宅、電子図書館、クリニックモール、
    スーパー、ケア付マンション・・・
    私のほうの自治体のアクアスエイトと比較していいかどうか、
    わかりかねますが、
    違いはあります。

    さてそれよりも、
    市長が新市長になったからなのかどうか、
    わかりませんが、
    みなさん、たくさんものを言うようになられたように感じます。
    私の気のせいかどうかはわかりませんが・・・。

    このように当サイトへもご意見いただけたことが、
    今までなかったので、
    嬉しく思います。

    ここでご意見を言っていただくように、
    今度は大田原市民である御貴公も、
    是非、いろいろなところで声をあげていただけると、
    さらに嬉しく思います。

    今後とも、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。
    | りしょう | 2010/07/04 1:47 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.reshoweb.com/trackback/1281332
    トラックバック