室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 写真講座后ΑΑΔ修25 | main | 写真講座后ΑΑΔ修27 最終回 >>
写真講座后ΑΑΔ修26
0
     平成23年9月11日(日)


    今回も前回につづき、

    修了式関連の話題で時間を割いてしまいました。

    ファイルの預かりも今回でなんとかできましたし、

    少しは気が楽ではありますが、

    いかんせん、

    やり残したことがあるようで

    しかたありません・・・。


    それで、みなさんの作品を見ていて、

    一つ気づいたことがあり、

    これ抜け落ちてたは・・・w

    と言うことを話させていただきました。


    そもそもゆるくやっている講座でもあるので、

    おぼえるのにはスピードを出さず丁寧に

    ゆっくりおぼえていこう!

    と言うのが趣旨なので、

    抜け落ちる部分もあるのかなと、

    ちょいと反省しました。。。


    ま、へたなカリキュラム組んで

    圧迫感のあるような進行は

    していけないと思ってたので、

    そこはご愛嬌と言いたいのだが、

    基本ベースの一つが抜けたので、

    自分で「アホか!」と自分に思ったのである。


    さて、その基本ベースとは、

    写真の構成としては、

    私がいつも口にしていることとして、

    「焦点」 「画角」 「露出」の

    集合体と言っているのですが、

    この「焦点」詳細にやらなかった・・・。

    これが反省点である。

    被写体によっての「ピント」を置く位置である。

    ポートレイトで人の顔を写すなら、

    それはセオリーで行けば、

    「目」に合わせるこれは理解していただいても、

    風景はどうピントを合わすかである。

    そして絞りの具合はどうなのか、

    レンズワークはどうなのか、

    その種類によってのピントや絞りは

    どう設定していくのか、

    その辺のことが少々抜けていたようです。

    で、後半はその話を少しさせていただいた、

    今回の講座でした。

    当講座も今期はラスト一回です。

    受講生のみなさん、

    ここまでついてきていただいて、

    誠にありがとうございました。

    感謝しております。

    では、最後の一回に向けて、

    最後に相応しい何かが用意できるように、

    していきたいと想います。
    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 11:20 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    コメント
    qshiroさんの写真に対する知識の高さには、感服です心構えなど今度ご教示下さい。
    | katohan | 2011/09/13 8:42 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.reshoweb.com/trackback/1300908
    トラックバック