室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 2013暑い夏の日の選挙・・・終わってみて思うこと | main | 第四回 幸福花火祭 >>
写真野外講座・・・高萩市高戸小浜
0
    JUGEMテーマ:写真
    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    JUGEMテーマ:趣味
    JUGEMテーマ:日記・一般


    平成25年7月24日(水)


    先月につづき今月も

    お邪魔しました。

    バルブ写真(シャッター開けっぱなし状態)は、

    何度やっても難しいです。

    ですが上手く行けば出来上がりは

    昼間に撮影する写真と違い、

    不思議な空間に変化します。

    改めて説明しますが、

    シャッター開けっぱなしの状態で撮影する

    写真を・・・

    長時間露光写真

    バルブ写真などと言い、

    ピントから露出どりから、

    高い技術が求められます。

    さて今回は満月の夜と言うことで、

    明るさが空中にめぐることもあり、

    少しくらいの曇りなら、

    野外に出てみましょうと言うことで、

    前日の「どうしましょう?」を

    「行きましょう!」と声を挙げ

    ご当地へ参りました。


    露光時間5分 絞りF11 PC上補正+1.5(露光時間7分30秒相当)

    遠くに写る灯りは

    北茨城市内の漁港の灯りです。


    露光時間5分 絞りF11 PC上補正+1.5(露光時間7分30秒相当)

    潮が満ちてきて波も高くなり、

    そんな状況も消えてしまい、

    靄が立っているような風景に写ります。


    露光時間5分 絞りF11 PC上補正+1.5(露光時間7分30秒相当)

    掲載写真共通項目・・・

    ホワイトバランス・・・蛍光灯


    さて、今回は海を眺めながら、

    色々なことを思いイメージしました。

    海は川の流れを受け入れている。

    これだけ大きな懐の深さは

    この地球上には他に存在はない。
    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.reshoweb.com/trackback/1301091
    トラックバック