室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「セオリーをマスター」したら「セオリーを無視」する | main | 滅びに抵抗した一ヶ月・・・おまとめH28年11月 >>
予定外の事態にこそ「臨機応変」ってものがある
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:日記・一般

    JUGEMテーマ:写真

     

    平成28年11月29日(火)

     

    写真講座11・・・野外(大山参道)

     

     

    昨日はまだ葉っぱがついていた大山参道の紅葉

    今日行ってみると・・・

    風に吹き飛ばされて「坊主」になっていました

    ですが・・・

    今回の風景撮影の目的はあくまでその「基礎的撮影」

    手前にピントを置いてとる「遠近感」を写し取る

    という事が今回の命題でもあり

    事象柄

    山岳地域では終わってしまった紅葉ではありますが

    平野部ではまだ見られることもある・・・

    その辺の目算でもって今日を選んだわけですが

    まさに「嗚呼無情」な状態でした

    ですので・・・

    代わりに何をしたのかと言えば

    辛うじて葉っぱのついた樹木もわずかながら

    数本ありましたので

    枝ぶりを撮る撮影を手前ピントの

    後ろボケというものを撮影してきました

    理屈は風景を撮る時の要領と同等であることもあり

    そちらに切り替えました

     

     

    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 20:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする