室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「現」一月の一文字 〜おまとめ〜 | main | 病むほどに追及の範囲は大きくなる >>
観察眼がテーマ性へと変えていく
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:日記・一般

    JUGEMテーマ:写真

     

     

    平成29年2月7日(火)

     

    写真講座11・・・初級7

     

     

    先日怖い思いをしながらも

    臨んだ白鳥の撮影

     

    今回はその白鳥を例に

    ただシャッターを押すというものではなく

    ここでいう白鳥の生態を観察したり

    また予備知識を学んでみたりと

    その積み重ねが功を奏することもあります

     

    例えば・・・

    白鳥はその重い体を宙に浮かすためには

    向かい風を待ってそれに向かい

    水の上を助走して体を浮かせながら

    空へと飛んでいきます

    さてそれでもそのタイミングとは?

    そこを知る事が

    生態観察から読み取る事ができるのです

    生き物だからこそ

    各々が意思を持って生きています

    いくら向かい風が吹いても

    飛びたくない時は飛びません

    そこで彼らの飛び立つ前の

    ルーティーンを知るという事です

    白鳥ばかりではなく

    事前の調査(ロケハン)や

    観察などの学びも必要ですが

     

    風景を切り取るならば

    季節や時間や天候で・・・

    身近な場所も素敵に写しとる事ができる

    その考え方を元に撮影をすれば

    いずれ「展示会」ができるくらいの写真が

    手元に集まります

     

    さて

    今回は私の講座の中でも

    基礎編の中でお話しする

    内容ではありませんでしたが

    写真を長く楽しむ方法としての

    一つの提案をさせていただきました

     

    #那須 #那須シニアカレッジ

    #写真 #白鳥 #観察

    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 23:27 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする