室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 手間のかかる撮影ほど見応えのある写真が完成する | main | 夢は夜ひらくのような写真とは・・・ >>
手間のかかる撮影ほど見応えのある写真が完成する
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:日記・一般

    JUGEMテーマ:写真

     

    平成29年4月11日(火)

     

    写真講座11・・・中級8

     

     

    この時期はやはり桜に目が行ってしまいます

    どう考えても花の命が短いものに

    目は行きます

    当たり前といえば当たり前のことであって

    構図的な問題や露出の問題などを

    初級の内容とするならば

    それが撮れる前提のもと

    この先の撮影をどう深みを出すか

    その深みというものが

    イメージの問題というテーマです

     

     

    私の作例の中には

    あえて晴れの写真を撮らない

    昼間の撮影以外の撮影をやるなど

    そこが「作り出す」という概念があります

     

    そんなこんなの話も

    今週中に夜の撮影をやろうということになり

    その日は何箇所か撮影ハシゴをする予定です

     

    また長らく一文字テーマを

    変えていなかったのもあり

     

    「煙」の次は抽象的な動作的な一文字

    「揺」・・・ゆれをテーマにして見ました

     

     

    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 00:03 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする