室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 手間のかかる撮影ほど見応えのある写真が完成する | main | 「短い旬だから」こその撮影が年にいくつかある >>
夢は夜ひらくのような写真とは・・・
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:日記・一般

    JUGEMテーマ:写真

     

     

    平成29年4月13日(木)

     

    写真講座11・・・中級野外講座

     

     

    私のとある桜風景写真ををみて

    これを撮りたいというリクエストから

    烏ケ森と長峰の両公園で

    野外撮影を行ってきました

     

    イメージ写真とは

    どこに重きを置くのか

    夜間の写真はさらにその思いや考えが

    どう反映されるのか

    考えなければならないこともありますが

    考えすぎても

    どうにもおかしな出来になってしまいます

    何度も同じ場所を撮影するうちには

    またか・・・と

    自らの伸び悩みに

    直面することもあります

    いずれにせよ

    同じ時期を撮影するのであれば

    一つはタイミングの問題もあり

    また天候も左右する

    もちろん技術的問題も

    必ず加味するのですが

    不可抗力的な事象や

    言い訳臭い状況と紙一重になります

    行くのも「整合性」

    やめるのも「整合性」

    特に後者はそれが揃わなければ

    ただの言い訳になってしまう

    迷ったら出来ると思い

    無理ならば何も思いもつかない

    これくらい心を晴れやかにすれば

    きっと次への一歩になるのでしょうね

     

    今回は撮影とレクチャーをしながら

    私が考えていたことはこんな事でした

     

     

     

    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 18:37 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする