室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「短い旬だから」こその撮影が年にいくつかある | main | おさらいをすることで旬の写真は次期に活きる >>
デフォルトスタイルでは未だ思い通りにならない部分
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:日記・一般

    JUGEMテーマ:写真

     

    平成29年4月25日(火)

     

    写真講座11・・・中級9

     

     

    先日の黒磯公園

    その前には烏ヶ森・長峰

    両公園で撮影した写真について

    特に後者は夜桜を撮影に行ったわけですが

    そちらの出来栄えに違和感ありの

    写真が出来上がってきました

     

    電球やら蛍光灯やら

    そう言った光源のもとでの撮影では

    ホワイトバランスをやたらと操作します

    大まかな話ですが

    フィルムに至っては

    デイライトタイプを選択したままであれば

    色かぶれ補正のためのフィルターを

    やたら使います

    タングステンタイプのフィルムになれば

    そこは意外に省く感じにはなりますが

    現像段階で若干の補正は必要になります

     

    さて何を言っているのでしょうか?

    要はデジタルカメラになり

    ホワイトバランス補正によって

    万能な使い勝手が手に入ると思いきや

    意外にそれが働いてくれない

    それがカメラによってなのか否か

    性能の有無もそこにはあることでしょうが

    そこを突いても

    カメラ機種によっては

    重箱の隅をほじくるような話にもなります

     

    そこで今回は色かぶれ防止のための

    撮影段階で防止策はないかと

    レンズフィルターワークも然り

    それによって

    現像時にどれくらい補正値の幅を小さくするか

    その辺の話をしつつ

    フォトショップでの補正も

    話の内容としました

     

    例えばこんな感じに・・・

    こんな色かぶれを

    こんな風に修正する

    かなり緑ががったこの写真を

    この辺まで修正してみるような

    ソフトの操作もやってみました

    原色と補色の関係を頭に入れれば

    けっこうできてしまうものです

     

    今回はこのような内容でした

    | 那須町シニアカレッジ写真講座 | 01:17 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする