室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< またもや・・・しかし見渡せば代わりの被写体はある | main | 連絡事項と予定に関してに徹した >>
「出口>入口」〜出口〜は入口よりよく理解しなければならない事とは・・・
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    平成29年5月26日(金)

     

    宇宙一の授業・・・氏家中学校

     

     

    今年も栃木照る照る坊主の会さんから

    お誘いをいただきました

    有難うございます!

     

    今回はFPの立場からお話を

    させていただきました

     

    その中身は・・・生命保険ですが

     

     

    学校では教えてくれない・・・

    というよりも

    企業さんたちの各々の考えやら複雑で

    教科書に載らない

    政治にしても宗教にしても

    そこは様々なイデオロギーが働くエリア

    複雑なものはまとめようがないから

    教科書にはザッパな事しか

    載せられないのだろうなと察する次第です

     

    そこは専門職の人間が話すからこそ

    学校教育とは「乖離」した場所になるのです

     

    そんな話を生徒さんたちの前で

    話す機会をいただける事に

    重ねて御礼申し上げます

     

    私のFPという資格も上部資格があって

    ようやく機能するという

    珍しい資格ではありますが

    そこはまた話せる内容も少々相違する事もあり

    「保険屋」さんって立場では

    話さないところもあります

     

     

    さて前置きはいいとして

     

    一つは・・・

    わかりにくいから嫌われる

    さらにそこに契約を結べば

    「安心」を買ったような気持ちになる

    「嫌いだ!」と言っても

    日本人の90%は加入している

    民間の生命保険・・・

    私的保険ともいうわけですが

    保険加入・・・入口付近ではこんな感じです

    「嫌いウザい!」のイメージがあれば

    これは売る方も

    気をつけなければいけない事が存在するのだと

    気をつけなければいけない仕事です

     

    それが「何か」があったとき

    または「万が一」があった時という

    言い方をするわけですが

    保険金の給付・・・

    要するに「出口」に問題があるか否かなのです

     

    ここで補足ですが・・・

    保険料と保険金が混同してしまうことも

    珍しいことではありませんので

    ワンポイント・・・

    「保険料」とは毎月だったら毎月

    生命保険会社に支払う掛け金のことを指し

    「保険金」とは入院など所定の「条件」を

    満たした時に出る給付金を指します

     

    おや?「条件」ってなんでしょか?

    実はここからが本題の部分です

     

    あえてここでは詳細を書きませんが

    一つ単に例をあげれば・・・

     

    入院日数に応じた給付金は

    ケースにもよりますが

    受け取りやすいかもしれませんが・・・

    実は一番お金がかかるだろう

    生活習慣病の各傷病や手術に関する

    「病名」や「症状」など

    この辺をお医者さんが最終的に出す

    確定診断書の中身が

    保険料を納める先の生命保険会社さんのいう

    「条件」に満たされないと

    給付金・・・保険金を・・・

    もらえないorz

    なんてこともあるわけです

     

    そこで契約者様はお怒りになります

    「嫌い」と言っている業界だからこそ

    保険金が給付にならなければ

    その保険商品を持ってきた営業の人ととの

    関係性も悪化してしまう・・・

    なんてこともあるでしょう

    まして友人関係でしたら・・・

    ・・・ですよね

     

    ちなみに

    「病名」って言いましたが

    これは業界での呼び名は

    「疾病」と言っています

    「疾患」ってワードもご存知かと思いますが

    これって「大きな差」があります

    例えれば

    「疾病」は・・・点

    「疾患」は・・・円または○

    お気づきの方もおられるかと思いますが

    どこまで面倒をみてくれるかの「差」です

    他にも言い方はありますが

    これはこの辺で

     

    そんなわけで

    保険金がどう言った「条件」で給付になるかは

    保険契約申し込み後

    保険会社で

    「あなたの面倒をみてもいいですよ!」

    という「承諾」が出ると

    おおよそ第一回目の保険料引き落とし後に

    「保険証券」というものと

    今回の保険契約の関する

    分厚い「約款」なる冊子が

    保険会社さんから送られてきます

    会社によってはCD-ROMなどで

    送られてくることもありますが・・・

    その「約款」に条件等が載っています

     

    ・・・誰も読まね〜って!

     

    そんなわけで

    保険契約されているかたは

    一度その「約款」なる冊子に

    目を通してみるといいかもしれません

     

    そうそう話は変わりますが

     

    一度の癌治療入院でのかかる平均的な医療費は

    約340万円前後と言われています

    おかけになっている給付金の契約金額も

    気をつけてみると

    備えのイロハの意味が少しずつ

    わかるというものです

     

    今回も和知さん神山さん

    氏家中学校校長先生をはじめとする

    先生方々

    PTAの皆様

    栃木照る照る坊主の会の皆様

    当日参加された講師の皆様

    お世話様でした

     

    「多くの未来を照らしたい!」

    有難うございます!感謝!

     

     

     

    | これからを考えて行こう!。 | 02:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする