室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 病み※ | main | 盆休み >>
ニューヨーク展、滞在記 6
0
    ニューヨーク展、滞在記 6

    第二日目 ダウンタウン 後編

    私はこの地へ来たら、必ず来ようと思っていた場所へと、連れてきていただきました。
    「グラウンドゼロ」ワールドトレードセンターです。
    この場所を見た時、予想以上の・・・がうかがえて、言葉が出ませんでした。
    あまりにも衝撃的でしたので、ただそこでしばらくの間「固まって」しまいました。
    とにかく祈りました。
    先日、と言っても、数ヶ月前になりますが、この地がテレビで中継された時、私が行った時に「レクイエム」を奏でていた御翁がおりましたが、その中継の中にも彼はいました。



    この方です。とても大切なものを失ったことで、毎日「レクイエム」を捧げているのだろうと私なりに察します。



    傷跡は大きい・・・。



    今だ警察関連セキュリティーの厳しい地域です。



    ちなみにこの地で何とか、大きな破壊を免れた大きな「地球儀」のような球体は、別の場所に移動されたと聞きました。



    この地に足を運んだ時から、「平和」についてよく考えてみようと思えたのです。


    そして、話しはかわりますが、もう一つ行きたかった場所として、「メトロポリタン美術館」です。
    こちらでは、地下鉄がメインの鉄道らしく、大きく移動する時は、エージェントさんの後をついて乗り降りしておりました。
    ニューヨークの地下鉄は一回2ドル、一日券が7ドル、あと何だったかは忘れましたが、磁気入りのペラペラのカードを、クレジットカードを通すような機械に読み込ませ、それで「鉄格子」のような入り口からホームに入ります。ちなみに何度か読み込ませるようなエラーを連発してしまいました。
    これも、下手すると、読み込まないと思って隣の「入り口」からチェックインしようとすると、15分間読み取り不能になると聞いた覚えがあります。

    とにかく、途中地下鉄の乗り換えというのも経験しながら、メトロポリタン美術館へとやってきました。

    私が行った頃はちょうど外回りに工事用のテントが張り巡らされておりました。

    まず、中に入って驚いたのは「広すぎる!」、一日じゃ回りきれない。
    世界中から沢山の人々が訪れている美術館であることが、エントランスを見ただけでわかります。
    言語別の案内窓口があると言うこと。
    もう一つは、言語別に案内本が売られていること。
    ちなみにそれをみやげにしました。
    数が多かったのもあり、美術館より発送しました。
    この美術館へは、また行ってみたいと思っています。

    二日目はこんな感じに終わりました。

    次回は9月4日(月)に掲載予定しております。
    | 「風のたより」アーカイブ  | 00:35 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.reshoweb.com/trackback/323385
    トラックバック
    ICカードとは その2
    磁気カードであるスイカの場合の処理時間は約0・7秒だが、フエリカの場合は....
    | クレジットカード研究室 あなたのカードは大丈夫? | 2006/09/05 12:16 PM |