室井 利照 ブログ〜Gravity〜

「写真家」「企画プラン」「市民活動」をする
私の活動手記
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
りしょうのつぶやき
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
初詣にも影響ありか???
0
    本日、

    初詣に出かけてきた。

    露店商の方々が言うに、

    今年の参拝客は

    例年より少ないとのこと。

    やはりその場所で

    何年もやられておる方なら、

    一目瞭然らしく、

    困ったときの神頼みで、

    参拝客が多くなるはずと

    思われるのだが、

    どうもそれ以上に、

    世の中の傾向としては、

    参拝するほど、

    賽銭にも投じなれないくらい、

    疲弊しているのかな・・・

    とも思えるのである。

    色々な角度から見れば、

    もっと原因はあるだろうが、

    私が勝手に感じたこととは、

    こんなところか。

    他には、

    天候不良で外出しない方も、

    おるのでしょうね。
    | 見て感じとる・・・! | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    正月の眠る街
    0
      年賀状が、

      山のように配達されてきた。

      で、

      書き忘れた先がいくつかあり、

      スペアでとっておいた

      ハガキを印刷した。

      けっこうありがちだが、

      あっ!!

      ここ書くの忘れたよー

      配達されるのが、

      だいたい

      4日頃になるのだろう・・・

      または、

      7日頃・・・

      そうすると、

      書いてなかったことがバレル。

      この話はいいとして、

      書き終わってから、

      郵便局へ行ってきたが、

      さすがに街中は、

      閑散とした空気が漂っていた。

      ガソリンスタンドなんかも、

      昔は元旦であろうといつであろうと、

      やっていたのだが、

      幹線道路沿いでも、

      やっているところと、

      そうじゃないところと、

      まちまちで、

      世の中の景気の悪さの

      深刻さが浮き彫りになっている。

      ん・・・

      地方から変えねば・・・

      そう思った車での散歩だった。

      | 見て感じとる・・・! | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      二度あることは・・・三度あった!
      0
        みなさん、

        あけましておめでとうございます。

        今年も御亭山に行ってまいりました。

        で・・・

        どうだったかって?


        うちのほうは

        雪が降っていてこれは・・・

        かなり絶望感があったのだが、

        なーに

        黒羽近くになったら、

        雪降ってないしー

        で、


        初日の出

        そして、

        平成20年から続く

        霊峰「富士」拝観・・・

        今年も見れたー!


        直線距離で200km以上

        関西では、

        二度あることは三度ない

        と講座の方に言われたのだが、

        ありましたよー!

        やったね。


        そして、

        いつものごとく

        芦野へ・・・

        こちらは雪でした。


        雪を被った遊行柳・・・

        さて、

        今年はどんな年になるのだろう・・・
        | 見て感じとる・・・! | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
        選挙・・・うちの地域の動き
        0
          昨日の地元新聞で取り上げられた

          那須町町長選への動き

          ここ最近でも

          大田原市市長選挙・・・

          どれも国政が動いたあとだからこそ

          今までと格別な勘がにおう



          これから要求されることは

          今までは

          「うちのほうから◉◉でるから」

          と言うようなノリが

          けっこうあったと思うのだ

          なのでこれからは

          「◉◉の言っていることに期待したい」

          そう考えて

          投票所へ出かけてみては

          いかがでしょう?

          | 見て感じとる・・・! | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
          謡曲 遊行柳
          0
            昨日、芦野でなかなか見られない

            演目を聞くことができました。

            しかも、遊行柳の下での

            「謡曲 遊行柳」

            素晴らしかったです。

            披露してくれましたのは、

            福島県からお越しの、

            宗家能楽師の水上輝和先生と

            宮下みやび会のみなさんでした。

            伝統芸能の御宗家の先生が、

            いらっしゃっていると言うことも、

            私にとってはとても幸運な出来事でした。

            で、しっかりとビデオを

            撮影させていただきました。

            非常に嬉しい出来事でした。
            | 見て感じとる・・・! | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
            巨人リーグ優勝
            0
              本日、巨人軍がリーグ優勝を果たし、

              V3・・・30数年ぶりみたいだが、

              まず、選手の育て方から、

              変わったからこそ、

              なのではないだろうか・・・



              以前のこのチームは、

              ほぼ4番バッター揃いのような

              チーム構成だったが、

              ここ数年は、

              支配外の「育成選手」を

              よく育てるようになったし。

              そして機会を与えては、

              支配下選手に登録する。


              もっとわかりやすく言うと、

              プロと呼ばれる選手の理想像とは、

              ある程度、体の大きいしっかりとした

              体型の選手が好まれる時代があったのだが、

              最近は「足」を生かす、

              「守備」を生かす、

              「肩」を生かす、

              「長距離弾」が飛ばせるから・・・

              などなど、

              とりえが一つと言えば語弊があるが、

              そのように活かせる「武器」を持った

              選手層を厚くしたこと、

              勿論、体型体格への拘りを、

              なくしたことが、

              誰でも・・・

              ってことに機会がひろがり、

              結果、大味ではない、

              スモールベースボールと言う、

              日本の野球に合った体制を、

              作り上げられたのだろう。


              それが、WBCのJAPANであり、

              今の巨人軍なのだろう。

              と素人なりに推測するが。


              ま、メジャーでも

              イチローのベースボールは、

              偉大な記録まで生み、

              今まで、あちらでは、

              ホームランを醍醐味にしていた

              きらいもあり、

              選手も首脳陣もファンも

              多くの人間がそう思っていたと思うのだ。

              そこに、ヒットを量産し、

              フィールドを思い切り

              駆けずりまわる一人の日本人が、

              いたわけだ。

              野球が楽しく面白く見れることとは、

              そのがむしゃらさではなかろうか。

              今年はテレビでの野球中継は、

              ほとんどなかったが、

              こんな面白い野球だったら、

              テレビ中継されてもいいね・・・

              そう思うのだ。


              巨人の三連覇・・・

              連覇すら難しい時代に、

              三連覇とは素晴らしいですな。


              原監督の選手の使い方が、


              起用方法がよかったんでしょうね。
              | 見て感じとる・・・! | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
              貼り付けた
              0
                本日、例のマップを芦野郵便局へと、

                貼り付けに行ってきた。

                撮影云々もあるけど、

                も一つは、

                大河ドラマ「天地人」の要衝となる

                重要な場所となる地なので、

                それも本当は地図に内容として

                盛り込みたかったのだが、

                それは現地案内ボランティアが

                おられるので、

                そちらで

                お話していただくといいでしょう。

                要は

                徳川軍の会津征伐に関しての話しだが、

                これは芦野、伊王野地区なんかで

                聞いてみると面白い答えが出るかも。

                私もこの辺のいきさつってものを、

                以前知ったのだが、

                関が原が勃発し空振りに終わった

                と言うもの。

                だが、

                ここからが

                私の想像したことや

                見解話しがあるのだが、

                それは御当地で私を見つけた人にだけ、

                お話したい。
                | 見て感じとる・・・! | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                「NOSTALGIA芦野 撮影地図」
                0
                  さて、

                  先日この企画の記事を掲載したわけだが、

                  今日はバタバタしていたこともあり、

                  芦野郵便局へは行けずじまい。

                  明日はこの地図を貼ってくる予定だ。

                  ちなみに、先日当サイトに貼ったものは、

                  地図の中の写真が省かれている。

                  それとその後、

                  少々手直ししてあるので、

                  見たい人は芦野郵便局へ行ってみて。

                  遠くの方はごめんなさい。

                  もう一箇所、

                  遊行庵へも

                  貼ってあると思うんだけど・・・

                  そっちも行ってみて、

                  って言うか、

                  そちらはファイルとじした写真を

                  用意してある。

                  一ヶ月ほど展示します。

                  その間、

                  私は芦野でうろうろしていることが、

                  多々あろうかと・・・

                  見かけたら、

                  声なんかかけてください。

                  できれば、

                  丁子屋さんの「うな重」

                  おごってくれると嬉しいなー。

                  それはどちらでもいいけど、

                  けっこううろついているかもね。
                  | 見て感じとる・・・! | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                  休み中のやはりね・・・
                  0
                    盆休み中は各々が様々な用件で、

                    外出する。


                    私は毎年のことだが、

                    この期間のほとんどを、

                    新盆周り・・・などに、

                    その時間を費やすのである。

                    結果、遊ぶ時間はないに等しい。

                    と言いつつも、

                    それでもどうしても、

                    自分の時間を使いたい思いもあり、

                    たいがいは当方の地域では、

                    14、15日が「周り」の

                    セオリーではあるが、

                    反則技みたいなもので、

                    私は13日の晩から、

                    盆周りをするようにしている。

                    で、どうなったかって、

                    残りの2日間少しの時間ではあるが、

                    自分の時間ができた。


                    前置きはこれくらいにして、

                    本日、その「周り」をしていて、

                    やはりなー・・・と

                    気づいたことが・・・

                    って言うか、確認できたことがある。

                    私がやっているこの時期の「こと」と、

                    無縁な人には、

                    丸々自分の時間に費やすことができる。

                    ま、そう言ったことをやりながらの方も、

                    少なからずいることではあるだろうが、

                    当方の道路の混雑ぶりである。

                    帰省ラッシュ、Uターンラッシュ、

                    そんなことに関係なく、

                    道路が混雑しっぱなしである。

                    つい数年前は、

                    「始めと終わり」に集中した、

                    道路の混雑だが、

                    ETC搭載車優遇云々・・・

                    等など、

                    首都圏より少し先まで、

                    日帰りの守備範囲になったと言うことで、

                    宿泊客がぐっと減少したと言うことが、

                    見ためでわかる。

                    ってことは、

                    我々の住む地域は、

                    簡単に来られる場所につき、

                    「せっかくだから」の気持ちが、

                    薄まることを示唆する。

                    云わば、


                    「おみやげ」いらない!

                    「泊まらない」!


                    で、当方に何に遣うお金が、

                    落としていただけるのか・・・

                    大まかだが、

                    「食事代」程度。

                    しかも都会から当方まで来て、

                    コンビニ○○で、

                    済ませているなんてことも、

                    ありえるのである。

                    つまり、

                    街乗りの範囲が大きくなった・・・

                    みたいな感じか。


                    って、ことは、

                    旅館業を営む方々は、

                    ・・・。

                    わたしどもの地域より、

                    遠い地域ではなんとかなるのか?

                    どうもそうでもないかもしれない。

                    遠出をする方々の財布の紐が、

                    異常に硬くなっているのか、

                    期待はあまりできない。

                    それよりも、

                    「欲しいもの」が、

                    なくなっているのかもしれませんね。

                    家族友人で出かけるのが、

                    ただ楽しい・・・

                    ってことが、

                    前提にあればこそだと思う。

                    要はそこに尽きる方々が多いのでは?。


                    さて、観光地で働く方々は、

                    これを踏まえなくても、

                    踏まえても、

                    ネクスト戦略を「真剣」に

                    考えねばいけない、

                    そんな時期になったと言うことかと、

                    思うのである。



                    私も考えねば・・・
                    | 見て感じとる・・・! | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                    怪奇日蝕
                    0
                      日本列島が衆議院解散よりも

                      盛り上がったのでは?!・・・

                      と言う天文ショー!。


                      当方では完全に太陽が隠れることは

                      なかったのだが、

                      何か、貴重な経験をさせていただいた

                      そんな気持ちになった。



                      意外と撮影にてこずった感じはありますが、

                      こんなところかな。

                      ビデオでも撮影しましたが、

                      こちらはお見せできないのが、

                      ちょいと残念かな・・・。
                      | 見て感じとる・・・! | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP